このサイトの利用についてメールによるお問い合わせ

三宅村役場
〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古497

 Home → くらしの便利帳 → 育児・教育 → 妊婦と乳幼児 → 出産を迎える方

くらしの環境

健康・医療

届出・手続き

育児・教育

福祉

はたらく

各種施設の案内




出産を迎える方

  
妊娠の届出

 医療機関で妊娠と診断されたら、保健係に妊娠届を出しましょう。その際、個人番号カードが必要になります。届出時に母子健康手帳と様々な保健サービスの案内が入った「母と子の保健バッグ」を差し上げます。

 

母子健康手帳

 母子健康手帳はお母さんと赤ちゃんの健康の記録のための、便利で大切な手帳です。診察を受けた時に記入してもらう項目以外にも、自分で記入するところも多くあります。
 妊娠中の経過などが記入されていると、里帰り出産などの際にこれまでの経過が分かり、診察の参考になります。また、赤ちゃんが大きくなってからも発育・発達の経過や予防接種の記録が役立ちますので、母と子の健康管理のためにぜひ活用しましょう。

両親学級
食事、体調管理、沐浴についてご説明いたします。こちらから妊婦の方にご連絡いたします。
 

妊婦健康診査

 本来、妊婦健康診査は自由診療(保険外診療)ですが、東京都内の区市町村では受診票に記載されている検査項目が公費負担の対象となります。妊婦さんが受ける健康診査のうち、特に分娩の安全性や母子感染を防ぐために必要な項目となっており、妊婦健康診査は14回、超音波検査・子宮頸がん検診は1回受けられます。

公費負担額(平成28年4月1日現在)
 1回目・・・9,680円  2回目以降・・・5,160円  超音波検査・・・5,300円  子宮頸がん検診3,400円

里帰り出産などで都外医療機関にて妊婦健康診査を受診した方

 都内妊婦健康診査委託医療機関以外の医療機関、または東京都内および都外の助産所で妊婦健康診査または超音波検査を受診した場合、費用の一部を助成します。

@ 対象
 (1) 妊婦健診を受診した日において三宅村に住民登録がある方。
 (2) 申請日現在、三宅村に住民登録がある方。
 (3) 都内妊婦健康診査委託医療機関以外で受診していること、または東京都内および都外の助産所で
    受診していること。(日本国内に限る)
 (4) 妊婦健康診査受診票(または超音波検査受診票)の未使用分があること。
 (5) 超音波検査の回数は1回。

A 助成内容
 妊婦健康診査(1回〜14回)および超音波検査、子宮頸がん検診
※ただし、『1回目の検査』および『超音波検査』『子宮頸がん検診』については「診断」を求めるため、助産所での実施は償還払いの対象になりません。

B助成額(平成28年4月1日現在)
 対象者が受診した健診費の額とする。ただし、村が都内妊婦健康診査委託医療機関と契約している健診費を上限とする。上限金額は次のとおり。

 1回目・・・9,680円 2回目以降・・・5,160円
 超音波検査・・・5,300円 子宮頸がん検診・・・3,400円

C申請に必要なもの
 (1) 三宅村東京都外等出産妊婦健診助成金支給申請書
 (2) 健康保険証
 (3) 母子健康手帳(表紙および健診記録が分かる記載部分をコピーさせていただきます。)
 (4) 医療機関が発行した受診の際の領収書(コピー可・回数分必要です。)
 (5) 村が交付した妊婦健康診査受診票および超音波検査受診票のうち未使用のもの
    (回数分必要です。紛失した場合は助成できません。)
 (6) 本人名義の金融機関振込先口座が分かるもの(通帳など)
 (7) 印鑑
 (8) 住民票

D申請期間
 妊婦健診、超音波検査を受診した最後の日または出産の日から起算して一年以内。

問い合わせ

 村民生活課 保健係 TEL:04994-5-0902 FAX:04994-5-0655