このサイトの利用についてメールによるお問い合わせ

三宅村役場
〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古497

 Home → 観光・物産 → 来島時の諸注意 → 火山性ガスと健康影響に関するQ&A

定例イベント

観光案内

釣り情報

主要特産品の紹介

来島時の注意




火山性ガスと健康影響に関するQ&A

  火山ガスに関心をもち注意を払うことは、三宅島で生活を送る上で避けては通れないことです。普段の心構えなどについて、島民一人一人が共通の知識を身に付けるために必要な情報を提供していきますので、是非ご活用下さい。
なお、この「火山ガスと健康影響に関するQ&A」についてご質問等ありましたら、下記の連絡先までお問合せ下さい。

総務課 電話 04994−5−0981

火山ガスと健康影響に関するQ&A一覧

Q:火山ガスってなに?

Q:火山ガスが出たらどうすればいいの?

Q:三宅島の二酸化硫黄は、環境基準を満たしていないの?

Q:環境基準を満たさないと三宅島に帰れないの?

Q:リスクについて教えて?

Q:リスクは人によって違うの?

Q:自分自身の感受性は、どうすればわかるの?

Q:二酸化硫黄に対して抵抗力がつくことはないの?

Q:二酸化硫黄の影響についてもっと詳しく教えて?

Q:妊娠している場合、二酸化硫黄はお腹の赤ちゃんに影響を与えないの?

Q:妊婦は三宅島に帰れないの?

Q:高感受性者には、妊婦のほかにどんな人たちが含まれているの?

Q:循環器疾患のある人は、どうして高感受性者に含まれているの?

Q:長期間二酸化硫黄を吸い続けると、せきやたんといった軽い症状ですむの?

Q:「長期的影響についての二酸化硫黄濃度の目安」の長期的ってどのくらいの期間なの?

Q:「長期的影響についての二酸化硫黄濃度の目安」で、せきやたんが出る人はどの位いるの?

Q:「長期的影響についての二酸化硫黄濃度の目安」で、せきやたんの症状が出た場合、火山ガスの終息後も症状が続くことはないの?

Q:「長期間火山ガスを吸い続けると、吸い込んだ二酸化硫黄が、体内に蓄積し気管支以外の内臓や全身に影響を及ぼすことはないの?

Q:軽度のせきやたんが増えた場合、症状の続くことが及ぼす影響について教えて?

Q:「短期的影響」とはどんなことか教えて?

Q:短期的影響についての二酸化硫黄濃度の目安とそのときの行動はどうしたらいいの?

Q:「短期的影響についての二酸化硫黄濃度の目安」(0.2ppm)以下の濃度であればぜんそく等の症状がある人でも健康影響を受けることはないの?

Q:ガスマスクが無い時の応急処置はどうすればいいの?

Q:雨にぬれると皮膚が赤くなるのはどうして?

Q:井戸水(天水をためた水)は飲めますか?

Q:ガスマスクの吸収缶の交換時期はいつごろですか?

Q:せきこんでガスマスクをつけにくい場合、どうしたらいいの?

Q:火山ガスと温泉のガスは同じですか?

Q:夏は暑く、また汗をかくのでガスマスクをするのがつらいのですが、ガスマスクを外してタオルで拭いても大丈夫?

Q:どうして健康診断を受けなくてはいけないのですか?

Q:「リスクコミニュケーション」はどうして必要ですか?