平成20年度 東京都シルバーパス更新のお知らせ

 有効期限が平成20年9月30日のシルバーパスをお持ちの方は、9月中に新しいパスに更新してください。
 新しいパスの有効期限は、発効日から平成21年9月30日までです。


《今年の更新手続き》
◆次の方については、1,000円でパスを発行します。

  @平成20年度区市町村民税が「非課税」の方。

  A平成18年度中に税制改正に伴う経過措置として、平成17年度区市町村民税が非課税であることにより、1,000円でパスの発行を受けられた方は、平成20年度区市町村民税が課税であっても、引き続き経過措置として1,000円でパスの発行が受けられます。
   ※1,000円で発行を受けられる方の必要書類は、《更新に必要なもの》に記載されています。


◆費用20,510円で発行となる方は、区市町村民税が「課税」される方です。

  ※「シルバーパス更新申込書」と「更新窓口案内図」は8月中旬から下旬までに、東京バス協会からご自宅に郵送されます。
   (8月以後に発行を受けた方には、郵送できませんので、発行を受けた窓口で「手続き用更新申込書」と「シルバーパス臨時更新窓口ご案内」をお受け取ください。


《更新に必要なもの》

更新を希望される方は、下記のものをご持参のうえ、更新窓口にお申し込ください。

<費用1,000円で発行を受けられる方>

 1.更新申込書

 2.シルバーパス(これまでご使用のパス)
   ※9月中は、これまでご使用のシルバーパスがないと新しいパスへの更新はできません。

 3.保険証または運転免許証
   ※国民健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、住民基本台帳カード(写真付)、身体障害者手帳、
    戦傷病者手帳、外国人登録証など、住所・氏名・生年月日が確認できるもの。
    なお、パスポートは使用できません。
   ※本人を確認できる上記の書類がないと更新はできません。

 4.費用 1,000円

 5.平成20年度区市町村民税または、平成17年度区市町村民税が非課税であることを確認できる書類として、下記のいずれかひとつの書類の提示が必要です。
   ア.平成20年度介護保険料納入(決定)通知書の
     所得段階区分欄に1、2、3、4のいずれかの段階が記載されたもの(※上記@の方)
   イ.平成17年度介護保険料納入(決定)通知書の
     所得段階区分欄に1、2、3いずれかの段階が記載されたもの(※上記Aの方)
    ※「介護保険料納入(決定)通知書」は、介護保険料納入のために区市町村から送付されている通知書です(再発行はできません)。
   ウ.平成20年度住民税非課税証明書(※上記@の方)
   エ.平成17年度住民税非課税証明書(※上記Aの方)
   オ.生活保護受給証明書
    ※「介護保険料納入(決定)通知書」がお手元にない場合は、「住民税非課税証明書(区市町村役場で発行。手数料が必要です。)」か「生活保護受給証明書(福祉事務所で発行)」の交付を受けてください。なお、証明書の交付窓口の混雑を避けるため、証明書は早めに用意してください。


<費用20,510円で発行を受けられる方>

 1.更新申込書

 2.シルバーパス(これまでご使用のパス)
   ※9月中は、これまでご使用のシルバーパスがないと新しいパスへの更新はできません。

 3.保険証または運転免許証
   ※国民健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、住民基本台帳カード(写真付)、身体障害者手帳、
    戦傷病者手帳、外国人登録証など、住所・氏名・生年月日が確認できるもの。
    なお、パスポートは使用できません。
   ※本人を確認できる上記の書類がないと更新はできません。

 4.費用 20,510円

初めてシルバーパスを希望される方へ

 ※70歳以上の都民の方で、初めてシルバーパスを希望される方は、申込により、東京都内の路線バス・都電・都営地下鉄を利用できる「東京都シルバーパス」が発行されます。(寝たきり状態でパスの利用が困難な方は対象になりません。)最寄のシルバーパス取扱いバス営業所等(常設窓口)にお申込ください。


お問い合わせ先

このお知らせに関することは
   〒151−0053 東京都渋谷区代々木2−7−7 ヒューマックス南新宿ビル7階
          社団法人 東京バス協会
        電話:03−5308−6950へ
  (土・日・祝日を除く午前9時から午後5時までご案内いたします。)
     ※電話番号のお間違えのないようにお願いいたします。