TOP >> 請願(陳情)について
請願(陳情)について

請願について

 憲法(第16条)では「何人も平穏に請願する権利を有し・・・」と規定し、請願権を国民の基本的権利の一つとして保障しております。 請願は住民の代表機関である議会に、請願を通じて住民意思を反映させることが目的となっており、対象となる事項は、国や地方公共団体 の事務に関する全ての事項となります。(明らかに村の権限外である事項を願意とするものは除く)
 村議会では、提出された請願を慎重に審査して採否を決定しています。その結果、採択されたものについては、村長等に対して送付し、実 現を要請しています。
 

請願書の受理要件及び提出方法

(1) 記載事項
○【件名、要件、宛名(三宅村議会議長宛)、提出年月日、提出者の住所・氏名】を記載し、必ず押印してください。
○紹介議員(1名以上)の署名又は記名押印が必要です。

(2) 署名簿
○提出者が多数の場合、請願の件名及び要旨と同一書面内に署名欄を設け、住所、氏名を記載し、押印のうえ提出してください。
○提出後、署名簿を追加で提出する場合は、議会事務局へお問い合わせください。

(3) 添付書類
○道路や公共施設など、場所や位置を特定する場合は、簡単な図面を添付してください。

(4) 提出
○午前8時30分から午後5時15分までに議会事務局へ提出してください。(土日祭日を除く)
どなたでも1人以上から提出できます。

(5) 受理
○連絡事項が発生した場合のために、提出者(代表者)の連絡先(電話番号)を伺います。
○受理した後、「文書表」という書式に転記し、議員に配付します。転記の際、提出者の了承を得たうえで、軽易な文書校正(句読点 をつける等)をすることがあります。

陳情について

 陳情は請願同様、議会に対して村政等に関する意見や要望を提出できる制度です。請願と陳情は似ていますが、請願は議員の紹介が必要なのに対し、陳情は必要ありません。
 村議会では、議長が必要と認めるものについては請願同様の取扱いをし、それ以外のものについては議員に配付し、議会活動の参考としています。

 陳情書の受理要件及び提出方法については請願書の例によります。
※ただし、紹介議員は必要ありません。

請願書記入例


お問い合わせ
 〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古497番地 三宅村議会事務局
 電話 04994-5-0956  FAX 04994-5-0933
TOP議会名簿議会のしくみ議会の流れ議決結果|議会だより|請願(陳情)について