このサイトの利用についてメールによるお問い合わせ

三宅村役場
〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古497

 Home → データバンク → シンボル

       

人口・世帯数

地理
(気候・地勢)

産業分野
(主要産業・統計)

歴史

シンボル

宣言






シンボル

三宅島観光復興モニュメント

 三宅村は平成18年度事業で三宅島観光復興モニュメントのデザインを募集し、平成19年3月に阿古船客待合所前に完成しました。

愛知県 内田省吾さん作品/タイトル「シンビオシス」
コメント/「海」「島」「人」を中心の球形で象徴し、人が自然環境と共生して復興・発展する姿を表現しました。

三宅村の木・花・鳥

村の木【スダジイ】

しいたけの原木としても利用されるスダジイ。
20m以上の高木となり、日本の常緑広葉樹を代表する樹木。
樹皮は黒褐色で縦に裂け目が入り、葉先は細く裏側が金色です。
5月になると黄色の小さな花を穂のようにつけます。
 三宅島の森は長い年月が経つとスダジイの森に変わっていきます。

写真:大路池の側にある樹齢600年以上といわれるスダジイの巨木「迷子椎(まいごじい)」

村の花【ガクアジサイ】

初夏の三宅島を彩るガクアジサイは、島内のいたるところで見られます。
真ん中に小さく青色の花が集まり、そのまわりには白い額縁状の飾りがつきます。ひらたく額縁のように咲くため、この名前がつきました。

村の鳥【アカコッコ】

愛くるしい顔つきとコントラストのある羽色が魅力のアカコッコは、海岸から山腹、都道や民家周辺などいろいろな場所で見られます。
国の天然記念物で、レッドデータブックでは絶滅危惧IB類になっています。

写真:オスのアカコッコ。黒い頭部に黄色いアイリングとくちばし、胸からお腹にかけては濃いオレンジ色、背中の茶色が特徴。